アンティークの美しさ

2014.02/15

アンティークウエディング

モードでクールなテイストもカッコいいけど
私はやっぱりあたたかみのあるアンティークが好き♡

ウエディングでもアンティークテイストはとても人気です。
時間を経て磨かれた色合いや風合いの美しさは何にも代えられないものだと
いつもこの写真の場所へ行くとそのことを実感します。

おふたりの結婚式も本物のアンティーク家具が
配された特別な空間で挙げられるなんて夢みたいですよね♡
…しかも美しいガーデンまでもが貸し切りなんて
言うまでもなく女の子の憧れです!

最近はハワイウエディングなど
リゾートでウエディングされる方が大変増えています。
この会場も軽井沢にありますので
ご検討されている方はお気軽にお問い合わせくださいね☆

Written by Yoshiko


Posted by Ayano Tachihara | Parmalink | Tags: , , , , , , , , ,

軽井沢現地説明会

2013.11/08

ルゼヴィラトライアルステイ

国内ウエディングについては軽井沢での結婚式を検討されている方が多い中
写真や動画だけでは伝えることができない、実際の会場の様子をお伝えしたいという思いから
今回現地での説明会を企画いたしました。

今回はA.T.W.D.の立原綾乃とWedding Scenesの小林直子が特にお勧めするRUZE Villaをご案内いたします。

私たちが自信を持っておすすめしたい
夢のようなガーデンウェディングが実現する軽井沢のRUZE Villaにて
オーダーメイドウェディングのフェアを開催します。

5部屋のスイートルームからなるルゼヴィラは、
女の子なら誰もがときめく美しいローズガーデンを有するアンティークホテル。

一度ご相談にいらしてみませんか?

こちらが軽井沢ウェディングで撮影されたお写真です↓

ƒ‹ƒ[

開催日:4月19日(土)

せっかく軽井沢にお越しいただくのであれば
是非お泊まりいただいてゆっくりと時間をお過ごしいただきたいため
ルゼヴィラさんでのご宿泊も特別料金でご提案しております。

【ご宿泊をご希望の方】
ルゼヴィラご宿泊特別料金:15000円(おひとり様)
14日(土)チェックインでご予約をお受けいたします。
集合場所や時間などの詳細につきましては、ご予約を頂いた方にご連絡いたします。

【日帰りでの見学をご希望の方】
集合場所などの詳細につきましては、ご予約を頂いた方にご連絡いたします。

先着順で定員になり次第、受付を締め切らせて頂きますので予めご了承ください。
皆さまのご参加をお待ちしております♪

お問い合わせ・ご予約はこちらまで

 


Posted by Ayano Tachihara | Parmalink | Tags: , , , , , , , ,

Loving Antique Pink

2013.10/13

1013blog
花嫁さまに一番人気のウェルカムボードとリボンガーランドのご紹介です。
それぞれ別売りなのですが、アンティークピンクの組み合わせがピッタリなので、
2つセットでご購入される方も多いんですよ!

ピンクはやはり一番人気のお色なのですが、
落ち着きのあるアンティークピンクをメインに
ベージュやゴールドを合わせてあるので、
あまり愛らしくなりすぎずに…でも可愛い♪ という
絶妙な色合いが大人の花嫁さまに好評なんです。

リボンガーランドは当日のデコレーションだけでなく、
新郎さまと新婦さまで一緒に持っていただいて
写真撮影もおしゃれな演出になるのでオススメです♡

気になる方はぜひコチラまでお問い合わせください♪

Written by Alisa


Posted by Ayano Tachihara | Parmalink | Tags: , , , ,

アンティークな和装スタイル

2013.02/28


昨年、軽井沢にてご結婚式を挙げられたShunsukeさんとMihoさん。
Mihoさんは白いウェディングドレスの後に、お色直しでアンティークのお振り袖をお召しになりました。

赤地にゴールドと黒、鶴や笹が鮮やかにあしらわれたとっても華やかなお振り袖です。
昔ながらの伝統的な柄で、その風格を感じる強さと華やかさが入り混じって、これこそ和装の魅力ですよね。
和の中にもモダンな雰囲気を感じさせるのは、洋髪のアレンジとブーケ。
ケイトの花やダリアに黄色いコスモスを添えて、粋なアレンジで演出しています。
会場も軽井沢のアンティークホテルだったので、新郎Shunsukeさんのタキシードとのバランスもとても素敵でした。

春のウェディングに桜の下で、またはお二人のようにアンティークホテルで和装のウェディングも
ぜひおすすめしたいスタイルです。

Written by ERIKO


Posted by Ayano Tachihara | Parmalink | Tags: , , ,